お知らせ

2014 年 05 月 26 日 現在

銀行等で発生している法人IB不正取引について

マスコミで報道されていますように、コンピュータウイルスにより法人インターネットバンキングの都度振込で不正送金されるという被害が銀行を中心に発生しております。
改めて、下記の確認・実施をお願いします。
なお、法人IB不正送金被害に関するQ&Aを別紙資料で掲載しておりますので下記のリンクをクリックしご覧ください。

1.ウィルス対策ソフトのパターンファイルは常に最新状態に更新し定期的にウイルス検査する。
2.メールの添付ファイルまたはダウンロードしたファイルはウイルス検査する。
3.定期的にWindowsUpdateを実行する。
4.定期的に都度振込送信確認番号(10桁)を変更する。
5.都度振込送信確認番号(10桁)を振込確認時および上記4.以外の画面から入力を求めることはないので入力しない。
6.都度振込の1回の振込限度額および1日の振込累計限度額を低い金額に設定変更する。
7.不正取引を発見または不正取引の疑いがある場合は、すみやかに下記連絡先まで連絡する。


・PCでご覧頂いている方はこちらをクリックすると詳細がご覧いただけます。243KBのPDFファイルです。